スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

休館します 

一般的な図書館に比べて開館日数の長い我が海辺の図書館ですが、
今日から1月4日まで年末年始の休館に入りました。

12月28日は、全員出勤して大掃除と図書整理です。
途中、休館日なのを知らずに来たお客さんが来て、ガッカリして帰られたりして・・・
スミマセン。

でも、この状況の館内ではゆっくりと過ごすことは難しいかと。


この海辺の図書館に配属されて9ヶ月。
開館日数356日は確かにスゴイと思うけど、蔵書点検も、図書整理もちゃんとできていないのはいかがなものか。
毎日開館の理由は住民サービスのためだといいます。
でも、結果お客さんが求める本をきちんと手渡しできないようでは、せっかく図書館に足を運んでくれた方の時間と労力、それにお金を無駄にしていると思います。

住民サービスを謳いながら、住民に負担をかけている。

ところでこの「住民サービス」って言葉もクセモノ。
行政に関わっていると常に誰かが口にしているけれど、具体的に「誰が」「どうなる」のかがはっきりしない言葉だと思いませんか?
受け手側は、なんかよくわからないけどサービスよくなるんだよね?とそれぞれが曖昧なイメージで捉えることができるし、言う側から見て非常に便利な言葉ですよね。

うちの図書館に関する「住民サービス」っていう言葉はまさにそう。
毎日開館していることで、たくさんの人が訪れていますが、だからといって十分な支援をしているわけではありません。
はっきり言って、毎週月曜日休館している隣の図書館の方がしっかりした活動をしていると思います。


なんだかんだ言って結局は人なんですけどね・・・。
この業務、正職員3人と週2日のパートさんで賄うには苦しい面があります。
色々な事務仕事全部放って、図書館の中のことだけ考えたい。

(本当はいけないのでしょうが)そんな風に思ったりもします。
スポンサーサイト
[ 2007/12/28 20:00 ] 図書館のことを考える | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aozorahiyori.blog46.fc2.com/tb.php/127-05cea121





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。